確かな技術を学べる注目の求人情報

障害者の雇用について

障害者雇用で注意すべき点

2013年に障害者雇用率の引け上げが閣議決定され、益々、障害者雇用責任は強くなっている現在。しかし、現在の実雇用率はおよそ1.7%と現行法定雇用率でさえ未達成の起業が半数以上の約58%にものぼります。 企業側も採用の際に、健常者よりも障害者のほうが、業務適正能力が判別しづらいという事情があるのも事実です。 こんな現状で、現在、食を探している障害者は10人に1人といわれており、職を求めている障害者が多いのが伺えます。 雇用する場合の注意点は、障害者の個々の特性を活かした職につかせること、それには個々の適正を見極めることが大切だということになります。そうすることで離職率も低くなり、プロが育つという嬉しい側面もあります。

こんな知識も知っておきましょう

現在の障害者数は744万人、国民の6%が障害者にあたるというデータもあります。このように考えると、障害者と働くのが当たり前の時代です。企業でも、そのような方々の受け入れを強化し、啓発する必要があると言えます。また現在では比較的簡単に求人を見つけることができるシステムになっています。ハローワークに登録する、また専門のウェブサイトに登録するだけで、インターネット上で簡単に求人をチェックしたり探したりできるのです。このようなことは豆知識として覚えておくと便利です。また、インタネットの利用が難しいという方には、専門のコーディネーターがサポートしてくれるこころ強いエージェントもあります。企業側、雇用された側ともに成長してゆけるような関係になることができると良いと思います。