確かな技術を学べる注目の求人情報

最近の建設業

建設業界の外国人求人

建設業界というのは、バブル以降人材育成を怠って人材の削減ばかりを行ってきたことから求人を出しても人出が足らない状況となっています。 そこで、建設業界が考えたのが外国人労働者の求人です。外国人労働者というのは、季節労働者のように必要なときに必要なだけ求人を出して利用することができます。 昔はこの方法で季節労働者を雇っていましたが、建設業界では人出が不足していることから今度は外国人をターゲットにした求人募集が行われるようになります。建設業界は政治家に対して多額の献金を行い、外国人労働者の受け入れを加速するようにとの働きかけを行っています。その効果が功を奏したようで徐々に外国人労働者の受け入れが進んでいます。

建設業の求人状況

失われた20年と呼ばれる時代にあっては、建設業の求人は非常に少なかった時代がありました。求人どころかむしろリストラされるなど、そもそも建設業の仕事自体が少なくなってきたという経緯があります。 不景気により公共事業自体が少なくなり、公共事業の最たるものは道路工事であったりあるいは箱ものと呼ばれる建築物ですから、そうしたものが財政難によりなかなか建築されなくなりました。 そんな状況下で建設業の求人数が伸びるわけもなかったわけですが、ここ最近情勢に変化が生じています。すなわち東京五輪関係で建設業の人手不足が大きくなり、その関係の求人数がどこも大きく伸びているという状況です。東京五輪前まではこの傾向は続くと見られています。