確かな技術を学べる注目の求人情報

雇用率とは

障害者雇用率などそれに関連した法について

障害者雇用と言う言葉を耳にしたことがあると思います。ニュースなどでも盛んに取り上げられている重大なテーマです。 こ障害者雇用率と言う言葉が出てくるのですが、これはある一定の企業に課せられているもので、何人の障害者を雇う必要があるかが企業の規模により決められています。 例えば一般の事業主であれば2.0%となっていますが、50人以上労働者をやとった場合は最低でも1人は障害者を雇わなければならないことを意味しています。 しかし、完全に障害者雇用率に達している企業は少ないのが実情です。 これは、「障害者雇用納付金」を納めれば障害者を雇っていなくても罰則を免れることができることがその一因に挙げられます。 障害者雇用納付金は、障害者雇用率に達しなかった場合、達しなかった障害者の数一人につき5万円を払えば良いので、障害者雇用納付金を納めることにより、障害者雇用を免れる企業が多いのです。

障害者が社会に果たす役割は大きい

しかし最近では、障害者を積極的に採用している会社も多くなってきました。 障害者には、隠れた才能があると言われています。その才能がどんなものであるかを見つけ出しその才能を開化させることによって、障害者自身も生きがいを持ち、企業も利益を得ることができるわけです。 住みやすい国と言うのは、障害をもった人が住みやすいと感じる国だと言っても過言ではないと思います。 バリアフリーの設置を義務付けているのは大変良いことだと思います。それにより障害者も気軽に遠出をすることが可能になりました。 仕事においても、障害者が活躍する場が増えれば国際的な信用度も上がるのは確実です。障害者を大切にする国は世界からも賞賛を浴びます。 今後少子化が進み労働の担い手が減るという点から見ても、もっと障害者の社会進出を促進するべきだと考えます。