確かな技術を学べる注目の求人情報

大工の求人

住宅業界における団塊世代の大量退職による人材不足

わが国は、戦後の高度経済成長を達成し、成熟した社会へと移行して、人々の暮らしにもゆとりが出てくるようになりました。その一方で、地震大国と言われるように、地震をはじめとした自然災害に見舞われることもしばしばです。そういった中で、ゆとりある暮らしを求めて、夢のマイホームを求める人も急増しています。しかし、団塊の世代の退職に代表されますように、建築現場における職人も不足している現状にあります。特に、熟練を要する大工の不足は、深刻な問題となっていますので、求人を出す工務店を多く見かけます。大工に必要な技術は、すぐに習得できるものではなく、一般的には建築会社や、工務店に就職して、見習いから働き始めて、長い時間をかけることになります。そのため、求人を出しても、高齢の職人になりますが、まだ働きたいという気持ちがあれば、熟練の技を現場に活かすことができます。

木造住宅の施工に不可欠な大工における人材育成

わが国の住居は、古くから木造住宅を基本としています。そのため、木造住宅の施工に当たりましては、大工の熟練した技術を必要としています。ただ、最近では、デザインや、耐震性能にも特化した建築物も増加してきていますので、図面を読む能力や、木造住宅における耐震性といった、これまでの伝統木造建築には無かった要素が含まれていることがあります。このような能力を習得するには、2級建築士といった資格を取得することで、理解を早めることができます。このように、社会からの要請を受けている大工の求人を行うには、教育訓練を念頭において行うことが必要です。これは、若い人には、時間をかけて熟練の技を棟梁から学びとり、高齢の方は、教育も含めた形で求人の条件として提示することが望ましいです。中には、脱サラで、大工の道を希望する人もいると思いますが、情熱があることで、適切な教育を受けることで、日々成長が見込めると思います。大工の求人を働きかける場合には、こういったコンセプトも必要な時代になってきています。